トップページ > 食事制限とダイエット

食事制限とダイエット

短期間で痩せる方法として、すぐにあげることが出来るのは断食ですが、仕事柄、それが出来ない人も多くいます。特に通勤ラッシュの時間帯になると、電車の中にいるだけでも相当なエネルギーを使います。

 

そんな断食した状態でエネルギーを使っても、体を崩すのでかえって逆効果です。では、どうすればいいのかというと、食事の量を減らすだけでも効果が出るのです。

 

その方法としては、食事の前に水を飲むというものです。それもただの水ではなく、炭酸水の方がお腹が膨れるので、効果的です。また、食事の途中でゆっくりお茶を飲むのも効果的です。

 

例えあなたがたくさん食べたとしても、脳がそれを感じるまでに時間が掛かることが多いものです。そのせいでかえって食べ過ぎてしまい、太る可能性も出てきます。別にお茶でなくてもいいですが、食事の途中に水でもいいので、ゆっくり飲むことで食事の量を減らす事もできるのです。

 

また、食べる順番も気をつけるべきで、汁物、野菜、おかずに主食、と食べる順番を意識するだけで、ダイエットに良い効果をもたらすこともあります。

 

ですので、食べる量や何を食べたかも大事ですが、どのような順番で食べたかもダイエットの成否のカギを握る大きなポイントとなるのです。

 

断食で痩せる時に気をつけるべきこと

 

短期間で痩せる為の1番の方法としては断食です。なぜなら、物を食べない訳ですから、カロリーを摂取することはまずありません。物を食べると、時間帯や食べた物次第では、脂肪が体に付きます。しかし、食べない以上は脂肪が体に付くことなどありません。ですので、理想的なダイエット方法と言えるのが、正に断食なのです。

 

といっても、正しい知識を持ち合わせてもいないのに始めた所で失敗する可能性が極めて高いどころか、下手をすれば命の危険に陥る可能性もあります。また、断食というのは、食を断つ、ということですので、多くの人が何も食べないとすぐに考えるのです。しかし、それは大変危険なことです。

 

断食を行うのであれば、その期間というのは人によって違います。数日の場合もあれば、半日でも断食とは言えるのです。それによって取り組み方などの選択肢というのは違ってきます。また、ダイエットに良いからと言って、何日も行うのはとても危険なのです。ですので、最も長くても3日までを断食期間とするべきです。また飲み物は野菜ジュースで、それも無添加100%のものが理想的です。

 

また断食したとして、急に断食前と同じだけの食事量にするのはリバウンドをするだけです。ですので、例えば3日断食したら、3日副食をした上で、ダイエット前の食事量に戻すべきです。これは、おやつ類も同じで、食べたいのであれば、副食が終わってからにするべきです。いきなり断食を取り組んでも大丈夫な最長期間の3日にするのではなく、断食1日を1ヶ月に3回取り組む方が無理しない方法として良いです。

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 セロトニン増やすサプリランキング最新版 All Rights Reserved.