トップページ > セロトニンの効果は?

セロトニンの効果は?

健康関連の番組などでもセロトニンが取り上げられるようになってきていますが、このセロトニンについてよく分かっていない人も多いのではないでしょうか?今回は、どうしてセロトニンという物質は心身ともに影響を与えるのかなどについてお話をしていきたいと思います。

 

普段から気を配ることによって、セロトニン神経の働きを維持することが可能になっています。反対にセロトニンについて正しく理解をしていないと、セロトニンの効果についても分からないですし、遠回りをしてしまうことになりかねません。

 

このセロトニンというのは、どんなものなのかというと、脳内にあるせろとにんしんけいからごうせいされている神経伝達物質のことを指しています。

 

この神経は縫線核とも呼ばれており、脳にある数多くの神経に対して情報を発信して、精神面や肉体面にも影響が出ます。情報を発信するときに使われているのが、セロトニンになっているのです。

 

セロトニンは細胞というわけではなく物質になっています。また、セロトニン一つ一つで情報の内容が違っているというわけではなく、情報は統一されており、様々な神経に指令を送っているのです。

 

例えば、セロトニンによってどのような働きが出るのでしょうか?

 

大脳皮質の覚醒を促す

 

脳の中には、大脳皮質といわれる部分があるのですが、この大脳皮質は意識覚醒させるために重要な部分になっています。大脳皮質がちゃんと機能していれば、気持ちも軽やかになり、朝起きたときもすっきり起きることが出来るようになります。反対に大脳皮質がちゃんと覚醒していない場合、朝起きても頭がしゃんとしなかったり、寝起きが悪くなる、モチベーションが上がらないといった状態が抜けません。

 

精神面を安定させる

 

脳には、ノルアドレナリン神経やドーパミン神経があるのですが、これらの神経というのは感情に影響を与えます。この二つの神経にも影響を与えるのが、セロトニン神経なのです。

 

セロトニンの数が減ってしまうと、ノルアドレナリン神経が過剰に働いてしまい、うつ病などのような症状が出てしまうこともあるといわれています。

 

ノルアドレナリン神経は、緊張や不安感を司り、ドーパミンは気持ちよさなどを司るといわれています。この二つの神経の働きを抑制することで、精神面を安定させることが出来るため、うつ病などの改善にも注目されているのです。

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 セロトニン増やすサプリランキング最新版 All Rights Reserved.