セロトニン増やすサプリ!

セロトニン増やすサプリに副作用あるの?

 

セロトニンのサプリメントも最近多くなってきています。このセロトニンを増やすことを目的にしているサプリメントというのは、不眠症やストレスなどに悩んでいたり、不安障害やうつ病、パニック障害などの症状に悩んでいる人が服用していることが多いです。

 

セロトニンを増やすためのサプリメントを服用したら、依存症になったり副作用の悩まされてしまうのではないかと不安に感じる人も多いのではないでしょうか?

 

サプリメントを利用している人が非常に多いアメリカでは、医薬品を使わずにうつ病などのような病気の予防や対策をしていく考え方が広まりつつあります。

 

このセロトニンを作るために必要だとされているトリプトファンが配合されているサプリメントは説く人気になっており、日本でも注目されるようになりました。

 

そして、日本のメーカーもストレスや不眠症などを改善させるために、トリプトファンを配合しているサプリメントを販売するようになりました。サプリメントを服用する場合、とても気になることとして、副作用のことが挙げられます。

 

セロトニンのサプリメントを摂取するときだけに限った話ではないですが、摂取するつもりなのであれば注意点もあります。

 

まず、現在処方されている薬はないかを確認しましょう。処方されている薬次第では、効果が強くなってしまう可能性もあります。ですので、持病などで常時薬を服用しているのであれば、病院で先に相談をして、サプリメントを摂取しても大丈夫か聞いてみるようにしてください。

 

この他にも、セロトニンを大量に分泌してしまうことによって、セロトニン症候群になってしまうこともあります。このようなリスクもちゃんと理解して、摂取するか決めるようにしてください。

 

セロトニン増やし心の安定を図る

 

 

 

湿度や気温が高くて暑い日が続いていると、精神的にも肉体的にも参ってしまいやすくなるものです。そのため、気づかないうちにストレスを溜めてしまっているということも少なくありません。

 

疲労が溜まりやすく感じたり、気分が落ち込みやすくなってしまっているのであれば、セロトニンという物質の分泌を促すようにしてみてください。

 

このセロトニンというのは、心を落ち着かせる作用を持っている神経伝達物質になっており、体や心の安定に必要不可欠になっているのです。しかし、セロトニンはストレスに弱いという特性があることから、ストレスを感じてしまっていると分泌量も少なくなってしまいます。

 

夏場というのは、精神的に不安定になりやすいですので、積極的にセロトニンが増えるように対策をしていくことが大切でしょう。そのためにも、セロトニンの原料になる栄養素をしっかり摂取しなくてはなりません。セロトニンは、マグネシウムやビタミンB6、ナイアシン、トリプトファンなどから作り出されています

 

この中でもトリプトファンは必須アミノ酸ですから、体の中で合成されることがありません。ですので、食べ物から摂取していかなくては不足してしまいます。マグロやカツオのような魚というのは、このトリプトファンだけではなく、ビタミンB6もたくさん含まれていますから、なるべく食べるようにしたいところです。

 

この他にも、バナナやレバーなどにもトリプトファンが含まれています。ナイアシンはアーモンドや落花生、ノリ、キノコ、魚介類などに含まれていて、マグネシウムはピーナッツなどのようなナッツ類、海藻類、魚介類、大豆に含まれています。そして、ビタミンB6は唐辛子やにんにく、しょうがに含まれていて、トリプトファン単体は大豆や乳製品などに含まれていますので、バランスよく食事で取り込みましょう。

 

朝や昼に活発にセロトニンが分泌されているのですが、上記のような食べ物を朝食として食べるようにすれば、さらにセロトニンも分泌されやすくなります。

 

また、リズム良く体を動かすような運動をすることで、分泌されたセロトニンの働きも活発になりやすくなっています。ですので、食事をするときには、リズム良くしっかり咀嚼をするようにしましょう。

 

この他にも、有酸素運動で体を動かしたり、深く息を吸い込んで吐き出すというのもセロトニンを増やしやすくすることが可能になっています。さらに太陽を朝しっかり浴びるようにしたり、早く就寝をすることも心がけるようにすれば、セロトニンも増えていき、精神的に安定しやすくすることが可能なのです。

 

参考:http://www.serotonin-dojo.jp/Q&A4.html

 

便秘トラブルの原因はストレス

 

ストレス社会と言われる現代。ストレス性の便秘は誰の身にも起こりうるものです。ストレスは蠕動運動をコントロールする副交感神経の機能を低下させるためストレスを受け続ける状態でいると腸でトラブルが発生することになります。

 

・痙攣性便秘
ストレスからつながる便秘症として代表的なのは痙攣性便秘です。大腸が痙攣してしまう事で発生し、動きが通常より過度になっています。これには厄介なことに市販薬は悪化を招く恐れが。なぜなら、薬は動きが衰えた大腸を活発にする働きなためです。

 

・運動不足
自律神経に影響するため副交感神経を妨げてしまう。結果痙攣性便秘になるのです。ストレスが根元にあるこれは薬は逆効果、運動などの対策が必要。といっても過度な運動は厳禁で少し汗をかく程度が良いとされます。それを毎日継続することで改善に繋げることができます。

 

痙攣性便秘ふくめストレスから起こされる胃腸の不調・病気の改善は自律神経を回復するための生活習慣を心がける事。頑固な便秘に効くサプリや、食事・運動療法です。日常生活にも支障が出ているなら早期医師への相談をお勧めします。

 

いびきから疑われる病気

 

いびきは、自分で自覚するのがむずかしいものです。家族に指摘されて初めて気づく人もいるでしょう。しかし、いびきの種類によっては、病気が隠れている可能性もあります。注意されるようないびきをかく人は、なんらかの原因が考えられ、放置すると睡眠時無呼吸症候群を引き起こします

 

いびきには種類があります。

 

・単純いびき症
いわゆるいびき、と呼ばれるもので、呼吸が止まることはありません。鼻詰まりや疲れ、飲酒などが原因といわれ、原因を解消することでいびきもなおります。

 

・睡眠時無呼吸症候群
慢性的に大きないびきをかき、うるさいと言われるような音が特徴です。寝ている間に、呼吸が止まったり、止まりかけたりを繰り返し、止まるたびに脳が目覚めますので睡眠不足を感じます。疲れが取れない、日中にひどく眠い、集中力の低下や夜中にトイレに起きるなど自覚できる症状も多くあります。

 

睡眠中に呼吸が止まると、血中の酸素濃度が低くなり、不整脈や動脈硬化を引き起こす原因となりえます。また、血圧や血糖値が上がりやすく、新陳代謝も悪くなるため、肥満になるやすいといえます。

 

睡眠時無呼吸症候群の人の中には、高血圧や心臓病、脳卒中、糖尿病を併発している人も多くいます。強い眠気から、交通事故を起こしてしまう人もいます。放っておくと、悪化しますので、自覚症状や家族から指摘されたら、サプリを飲んでみたり検査を受けてみるのはいかがでしょうか?⇒いびきサプリランキング

 

 

・上気道抵抗症候群
上気道がせまくなることで、いびきをかきます。無呼吸にはなりませんが、日中強い眠気があり、慢性的にいびきをかきます。この症状から考えられるのは、心臓病、糖尿病、脳血管障害などの初期段階として、いびきが現れます。

 

・それ以外の病気
無呼吸でなくても、アレルギー性鼻炎や、鼻の炎症、扁桃腺の腫れなどが原因でいびきをかくこともあります。睡眠時無呼吸症候群にならないためにも、早めに治療しておきたいところでしょう。

 

いびきをかく人は、専門医での受診をおすすめします。

 

更新履歴RSS

 サイトマップ
Copyright(c) 2016 セロトニン増やすサプリランキング最新版 All Rights Reserved.